創業60年、グループ総勢120名。栃木県足利市・群馬県太田市・埼玉県の総合会計事務所

トピックス Topics

医療保険の入院(手術)給付金には税金がかからない・・・?

個人が生命保険や傷害保険から受け取った入院給付金、手術給付金、通院給付金は非課税ですので税金はかかりません。

◆ 非課税となる給付金・保険金の一例

・入院給付金 ・手術給付金 ・通院給付金 ・疾病(災害)療養給付金・傷害保険金 ・三大疾病保険金 ・がん診断給付金 ・先進医療給付金・高度傷害保険金(給付金)・リビングニーズ特約保険金 ・介護保険金 など

注)非課税で受け取った給付金・保険金が相続財産として引き継がれる時は、相続税の課税対象になります。

給付金は非課税のため税金の申告は不要ですが、確定申告で医療費控除を受ける場合は、医療費から受け取った入院給付金を差し引いて申告を行います。

◆ 医療費控除と入院給付金の計算

1年間に支払った医療費 入院(手術)給付金など 10万円又は総所得の5%の低い方 医療費控除額
(最高200万円)

◆ 具体例

50万円
(年間医療費)

20万円
(入院給付金)
10万円
(又は5%)
20万円
(医療費控除額)

 医療費控除とは、1年間(1月~12月)に支払った金額から、上記のように計算を行い、確定申告をします。支払った金額がそのまま返ってくるわけではありません。

 納税者本人だけでなく、「生計を一(いつ)にする」配偶者やその他の親族のために支払った医療費も控除することができます。

 毎年1月中旬から順次発送されます「医療費のお知らせ」を活用して確定申告で医療費控除を受けることができます。
 医療費のお知らせは1月~10月分の診療分まで掲載されておりますので11月~12月の診療分は医療費の領収書をもとに明細書を作成することとなります。

 平成29年より、領収書を税務署に提出することなく確定申告が行え、5年間の保管義務となりました。税務署からの問い合わせで必要となる場合を鑑み、大切に保管をお願い致します。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

受付時間 9:00 ~ 18:000284-41-1365

Webからのお問い合わせ

mailお問い合わせ
page top