創業60年、グループ総勢120名。栃木県足利市・群馬県太田市・埼玉県の総合会計事務所

採用情報

トピックス Topics

生命保険の契約者貸し付け制度の活用方法

 生命保険契約者貸付とは、今加入している生命保険を解約せずに、継続しながらお金を借入することです。
  資金の調達は、銀行だけではありません。長年お付き合いしてきた保険会社も金融機関ですので、ご活用ください。
 継続して資金を確保するには契約者貸付も有効です。詳細は下記の通りとなっております。

1.生命保険の解約返戻金を担保に契約者貸付制度を活用

解約返戻金とは、今加入している保険を、現在解約した際に受け取ることができるお金です。借入限度額は、解約返戻金の70~90%で融資を受けることができます。

2.借入の審査が不要です。

契約者貸付制度は、自分自身がこれまで積み立てたお金を担保に借入を行うので、審査が不要になり、即日振込入金となります。

3.借入利率

自分自身の積み立てたお金ですが、利息がかかり、保険会社や生命保険商品ごとに利率が変わります。約3~5%の利息が掛かりますので注意が必要です。

4.保険を解約せずに保障を継続したまま融資を受けることができます。

お金も必要ですが、今後の保障も必要になってきます。解約してしまいますと新たに保険に加入することになり、現在の年齢と健康状態により、保険料が高くなり、加入できないこともありますので、保障を継続しながらの資金調達であれば、契約者貸付制度の検討です。

5.返済方法と返済額

銀行の借入のように毎月の返済額は、決まっていません。保険期間内であれば、自由に返済することができますが、利息が掛かることは注意点です。又、万が一の場合や満期となった場合はその中から返済することになりますので、ご注意下さい。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

受付時間 9:00 ~ 18:000284-41-1365

Webからのお問い合わせ

mailお問い合わせ
page top